光熱費支払い用クレジットカードの選び方

clpl012-s (1)光熱費を払うために使用するクレジットカードにおいて大事なことはズバリ「毎月固定された支払額をより大きく家庭に還元できる」ことにあります。

 

そこで、クレジットカードを選択する上で注目するポイントは大きく2つです。

 

ポイントが貯まりやすい

 

一つは「ポイントがどれだけたまりやすいか」です。

貯まったポイントは現金代わりに使用したり、商品券やマイルに換える事が可能なので家計に優しく、銀行引き落としには無い最大の利点だといえます。

なので、そのポイントがより貯まりやすいクレジットカードを選ぶ事は重要です。

mitui

例えば、「三井住友VISAクラシックカード」はカードの利用金額でボーナスポイントが出るので毎月必ず支払う事になる公共料金をカード引き落としにすればすぐにポイントが貯まっていきます。

※( 三井住友VISAカードの詳細

三井住友カードは店で使うと恰好いいのでステータスを証明するカードとしても重宝します。

 

公共料金の管理が一枚で出来る

 

もう一つが「電気・ガス・電話など公共料金の管理が一枚でまとめられるか」です。

これは読者が特に思っている事だと思います。何枚もカードを使うのはめんどくさいです。

なので、一枚で決済できる事も重要な点です。

ra

例えば「楽天カード」は電気・ガス・電話料金だけではなく携帯・水道料金のほか、ETCの高速道路利用料・国民年金保険料、有料テレビ局・NHKの視聴料、プロパイダー料金などと幅広い料金の支払いに対応しています。

※( 楽天カードの詳細

ポイントも非常に貯まりやすいので楽天ユーザーの方に最適です。

 

他のキャッシュカードでも個々のメリット(年会費無料など)があるので皆さんの希望に合わせたキャッシュカードを選びましょう。