エポスカードのメリット・デメリットとそれらを合わせて上手く利用する方法

メリット

年会費と入会費用が無料に設定されていることです。レンタルビデオ店でDVDを借りて放置したように、延滞料金がかかるという心配は無用です。

エポスカードで買い物をすると、ポイントを貯めていくことができます。貯まったら他のカードへ乗り換えたり、全国で利用可能なギフト券などに交換することも可能です。

使い慣れている人なら普段は現金を持たず、カードのみで生活というやり方もOKです。ネット通販や店舗での買い物、または携帯電話の利用料金の支払いにも使えるため、カード1枚での生活は色々と便利です。

エポスカードに貯まったポイントをプリベイトカードにチャージするシステムも備わっています。この時に使った金額の0.5%は還元してもらえます。
社会人だけではなく、大学生も契約を結べるのが特徴です。友人とカラオケに行ったり外食の際に使うなど、色々な場面でカードは役立ちます。

 

デメリット

リボ払いを利用すると、毎月一定額支払うことになるので便利に見えますが、一括払いの場合より少し多く払うことになります。ただ、リボ払いを選ぶともらえるポイントが2倍になるので、損ばかりとは言えません。

財布からエポスカードを出す際に、落としてしまうこともあるでしょう。この場合は、すぐに契約を結んだ会社へ連絡を入れれば、第三者が使えないようにしてくれるので大丈夫です。

結婚や何らかの事情で、名字や名前が変更になったら変更手続きが必要です。サイトから資料請求をすればすぐに資料が届くので、書き込んで郵送をすれば、新しいカードが約2週間ほどで手元に送られてきます。