光熱費支払いに良いのは楽天カードか

光熱費の支払いで得をしようと思ったとき、一番単純にポイントが多くもらえるということを考えると「楽天カード」を選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

楽天カードは年会費が無料です。

それは、他にもいろいろそういうカードは多いですから、ここまでは特殊なメリットではありません。

 

ではなぜお勧めするか?と言いますと、楽天カードはポイント還元率が高いです。

他のカードが支払い額の0.5~0.1%程度をポイントとして貯めることができるのに比べて、楽天カードは1%というトップレベルの還元率です。

 

つまり例えば、光熱費の支払いなら獲得ポイントが2倍、というキャンペーンが行われていたとしても楽天カードに並ぶ程度だといえます。

 

また、今なら、新規入会するだけで5000ポイントももらえます。

その上期限内に一回利用することでさらに3000ポイントももらえます。

 

ポイントは1ポイントで1円として、楽天市場などで使えますので実質8000円もらえるわけです。

ポイントの有効期限は、最後のポイント獲得から一年間ですので、光熱費の支払いに使えば実質的に無制限だと言えるでしょう。

 

楽天市場はかなりの数の商品を扱っていますからポイントが貯まりやすいという利点もあります。

 

もちろんデメリットもあります。

初期設定が、利用明細が自動的に送られてくる設定になっているので、そこを修正しないと月に80円程度かかってしまうので、注意しないと年会費が無料でなくなってしまうとか、ETCの利用をする場合、月に525円かかってしまう、など、注意しないと不要な出費をしていまいます。

ですが、支払いを滞らせることなく、光熱費の支払いができ、それ以外の利用にはあまり使わない、というつもりの人には良い選択肢の一つになるでしょう。

 

公共料金は楽天カードで支払いをすると、とてもお得です。

 

公共料金といえば、電気、水道、ガス、どれを取っても毎月、必ず必要になるものです。

1年を通して累計すると、かなりの金額になります。

必ず必要なのですから、上手く利用する事が出来るならば、そうしたいものです。

 

どうせかかるのだからとあきらめないで、少しでも効率のいい方法を探しましょう。

そんな方法の一つが、公共料金をクレジットカードで支払う、というシステムです。

 

私のイチオシが「楽天カード」です。

本来クレジットカードを使用する際は、1つ、ないし、2つに絞って利用するのが得策なのです。

 

多くのクレジットカードを利用すると、ポイントインが分散されて、本来受けられるはずのメリットが受けられなくなるからです。

一つのクレジットカードを使用することで、そのクレジットカードを有意義に利用しているという仕組みになっているからです。

 

多くの金額を1つのクレジットカードだけで利用することで、利用金額が上がれば上がるだけ、特典が増えてくるようになっているからです。

 

楽天カードを利用するメリットとしましては、加入時に5000ポイントが得られ、(キャンペーン期間中であれば、8000ポイントも可能です。)

1ポイントは1円に相当しますので、5000ポイントは、5000円ということになります。

 

楽天カードの場合は、公共料金の支払いに関しては、利用代金の1%がポイントとして付きます。

たかが1%と言っても、年間にすれば、かなりの金額になるはずです。

 

また、取得したポイントインに関しても、楽天市場で買い物をするのに利用できますから、非常に便利だと言えるでしょう。