オリコカードで公共料金支払いで、お得にポイント加算。

通常、公共料金は口座引き落としかコンビニなどでの振り込みを利用する人が多いのではないでしょうか。

しかし、その支払いをクレジットカードで支払うようにすると実は大きなメリットがある場合があります。

 

カードの種類によっては、公共料金を支払うことによりポイントが貯まるようになっているクレジットカードが複数存在しており、それらを利用することでお得にポイントを稼ぐことが可能になるわけです。

 

楽天カード

 

例えば、楽天カードを利用して公共料金を支払うようにした場合、100円に付き1ポイントの楽天スーパーポイントが貰えます。

公共料金の支払いが5000円だと、50ポイント貯まるわけです。

貯まったポイントは楽天市場などで使用できますから、楽天の利用率が高い人は楽天カードを使用して支払いを行ったほうが大きなメリットがあるでしょう。

 

イオンカード

 

大手スーパーのイオンもイオンカードを発行しています。

イオンカードの特徴は利用することでときめきポイントと呼ばれるポイントを貯めることが出来るところです。

200円で1ポイントのときめきポイントが貯まり、1000ポイント貯めるとWAONポイントに換えることが出来ます。

イオンを良く利用してWAONで支払いをする人は、イオンカードを使って公共料金を支払ったほうがお得ではないかと思います。

 

オリコカード

 

他にもオリコカードでもポイントが貯まります。

オリコカードに関してはステージ制になっていて年間利用が10万円超えると20%のポイント加算、20万円なら50%のポイント加算と、使えば使うほどポイントが貯まりやすいシステムになっています。

 

公共料金をカード支払いにするのであれば、どのカードで支払えば自分に最もメリットがあるかを考えて、支払うカードを選んだ方が良いでしょう。