お薦めは何といっても、漢方スタイルクラブカードで決まりです

最近はクレジットカード会社のサービス競争が激しくて、利用者にとっては本当に良い時代となりました。

中でも毎月の光熱費などの公共料金の支払いにクレジットカードを利用すると一定ポイントが還元されるサービスを行っているクレジットカード会社が増えたのは、本当に良いサービスです。

電気代、水道代、ガス代などの光熱費の平均支出額は月2万円と推定されており、年間にすると24万円にも達します。

クレジットカードの還元ポイントの平均は、0.5%ですので、仮に年間24万円の公共料金支出とすれば、1,200ポイント程度であり、たいした額が戻るものではないと思われるかもしれません。

しかし、クレジットカードの中には、1%から2%まで還元してくれるクレジットカードもあります。

 

そういった高還元クレジットカードで、お薦めはなんといっても「漢方スタイルクラブカード」です。

 

初めて聞く人も多いかと思いますが、漢方スタイルクラブカードは、数ある高還元ポイントカードの中では、知らない人はいないほど有名なカードです。

JACCSと提携しているので、安心です。

漢方スタイルクラブカードは、なんと1.75%もの高還元率を誇ります。

 

また、クレジットカードのポイントは、大概自社グループ内、若しくはカード会社の準備したリスト内でしか使えないことが多く、ポイントが付いても宝の持ち腐れになることがあります。

しかし、漢方スタイルクラブカードのポイントは、Jデポと呼ばれる金券扱いとなり、カードの決済に使えるのです。

このサービスは、まさに破格です。

 

24万円を漢方スタイルクラブカードで決済するとすると、4,200円分のポイントが付与されます。
また、公共料金は、光熱費だけではありません。

NHK受信料や国民年金保険料なども公共料金です。

また、毎月支払う携帯電話代、プロバイダー代、新聞代、BS/CS代などたくさんあります。

 

実はこれらの支払いも、クレジットカードで決済することにより、ポイントが還元されます。

全部カード決済にすれば、優に2万円から3万円分のポイントが還元されるのです。

5年、10年とカード決済を続けることによって、100万円貯めることも可能です。

 

漢方スタイルクラブカードは、驚くほど得するクレジットカードです。