光熱費の支払いはクレジットカード決済が有利な理由

通常で生活している上は光熱費の支払いは毎月あります。

ガス代、電気代、水道代と光熱費には3つの支払いが毎月必要な場合がほとんどでありますから年間36回の支払いが必要です。

 

調べてみればわかりますが、光熱費の現金支払いにおいては割引がないことがほとんどです。

その他に光熱費の支払いにおいて多いと思われるの銀行での引き落としでの支払いにおいてはあまり金額は多くありませんが、割引を採用している会社や自治体が多いです。

ただし、割引が全くない引き落としの会社や自治体もあります。

 

銀行引き落としで気をつけないといけないのが、たいていの場合は引き落とし額の大小に限らず一定の金額の割引が多いこと。

小額の支払いであってもおおきな金額の支払いであっても割引額は同じことがほとんどです。

 

このように考えるとクレジットカードでの光熱費の支払いについては支払い額が多いほどお得になる額が多く、もちろんクレジットカードのポイント還元率が高い方がお得になる額は多いということになります。

 

しかし、クレジットカードによる光熱費の支払いで注意しなければならないことは支払いが小額である場合にはクレジットカードのポイント還元率よりも銀行引き落としの割引の方がお得になる場合があるということと、すべての会社や自治体でクレジットカード支払いができるわけではないということです。

特に水道料金はまだクレジットカードで支払いができる自治体は多くありません。