買い物メインであればデビットカードで十分です

デビットカードとクレジットカードの違いについて知りたいという人はたくさんいます。どちらも口座に入っているお金を支払いに当てるために必要なアイテムです。しかしデビットカードを用いてお金を金融機関から借りることはできません。その一方でクレジットカードにはキャッシング枠というものが設けられています。この枠にはお金を借りることができる最大借入額が表示されており、この枠内の額であればお金を借りることができるのです。

 

しかしデビットカードにはキャッシング機能は設けられていません。そのため自分の口座に入っているお金が底をつけば、使用できなくなります。もちろん再び口座にお金を振り込めばデビットカードの使用を再開することができます。最近ではインターネットショッピングを利用して買い物をする人が増えました。そしてそのような買い物での支払いはカードで行うのが一般的です。このように買い物に支払いためにカードを作りたいという人は、デビットカードで十分です。

 

またクレジットカードはお金を借りる機能を有しているために、審査は非常に厳しいものとなっています。定期的な収入があるかどうかがチェックされ、それに応じたキャッシング枠が設けられます。しかしデビットカードに関してはお金を借りる機能が設けられていないために、審査は非常に楽です。またクレジットカード同様、使用することでポイントが付与されるものもあるために、この点でもお得感を味わえます。