メリットとデメリットを比べると,メリットは大きい

インターネットショッピングが大好きで,良く利用しております。
その際の決済手段として便利なのがクレジットカード。
ネットショッピングサイトには数多くのサイトがありますが,中でも楽天市場を利用する人にオススメなのが楽天カードです。

 

クレジットカードを選ぶ際に重要なのは年会費ですが,楽天カードは年会費無料です。
楽天カード最大のメリットは,ポイント還元率が高い点です。
通常,100円利用ごとに1ポイント付きます。さらに,楽天市場で利用するとポイント2倍,ポイント加盟店で利用するとポイント最大3倍など,楽天グループでのサービスを利用すると還元率がより高くなりとてもお得です。

 

また,様々なキャンペーンが行われており,キャンペーン利用でポイントは2倍~10倍になることも。
さらに,楽天カードは入会時のポイント還元額も大きいです。入会特典として2000ポイント,キャンペーン時にはプラス3000ポイント~6000ポイント増加。合計8000ポイントも貰えることもあります。

 

貯まったポイントは,楽天市場や楽天ブックスなどの楽天グループで利用できます。また,電子マネーのEDYやモバイルSuicaなどに交換したり,ANAマイルに移行することも可能です。
国際ブランドは,VISA,Master,JCBが選択可能。

 

海外旅行保険は,旅費をカードで決済することが条件の利用付帯ですが無料で付きます。
このようにメリットが多い楽天カードですが,デメリットはとにかくグループのメルマガが多く,メールの数が半端ないです。

 

楽天のサービスで買い物したり,キャンペーンを利用したりするたびに様々なメルマガが送られて来るので大変です。
さらに,注意が必要なのはキャンペーンで付与されたポイントは期限付きのポイントという点です。期限内に利用しなければ失効してしまいます。
このようなデメリットがある楽天カードですが,これらのデメリットよりポイントが貯まりやすいというメリットは大きいです。

私が感じた楽天カードのメリットとデメリット

楽天カードのメリットといえば、やはり「ポイント」です。これに尽きると思います。楽天サイトでショッピングすれば、かなりのポイントが貯まります。最近はスーパーポイントアッププログラムというのが出来きたので、さらにお得にポイントが貯まるようになりました。

 

楽天カードを使用するだけでポイントが3倍になり、さらにアプリやモバイルなどで最大7倍のポイントが付きます。しかも、これは期間限定ではなく、いつでも倍になるのでとてもお得です。私も楽天サイトでショッピングする時は楽天カードを使い、さらにアプリやモバイルで倍のポイントを狙っています。また、楽天カードを始めて作る方なら、必ず調べてほしいのは「いつ作るか」です。

 

楽天カードは期間限定で3000~9000ポイントが付く時があります。急ぎでなければ、9000ポイント付く時を狙うといいでしょう。私は知らずに3000ポイントくらいの時に入会してしまったので、後で知って、かなりがっかりしました。私は特に楽天カードのデメリットというのはないのですが、一つあるのは「使いすぎてしまうこと」です。

 

ポイントにつられて、ついつい余分な物を購入してしまうことがあるので、その辺は気をつけようと思っています。後は、「楽天サイトのショッピングを使わない人なら、あまり楽天カードを使うメリットがない」ということでしょうか。楽天カードは楽天サイトに特化して、ポイントを付けているので、月に一度千円未満くらいのお買い物しか楽天サイトで購入しない場合はさほどメリットはないと思います。