海外トラベルプリペイドカードの強みについて

海外トラベルプリペイドカードとは、文字通り海外で使えるプリペイドカードのことです。
そんなものを使わなくても、普通にクレジットカードを使えばいいと思われるかもしれませんが、
それは違います。

 

基本的に海外は治安が悪いので、スキミングやカードの盗難といったトラブルに巻き込まれる可能性が(日本よりも)高いです。
なので、海外のレストランでカードを使って会計を済ませたら、その情報が不正に抜かれて翌日には何十万円もの商品を買われていた、こういうことがよく起こります。
だから海外ではカードを使うなと言われるのですが、すべてを現金で会計するのも(両替などの手間がかかるので)不便です。

 

こういう時、海外トラベルプリペイドカードを使えば、不便なくカードを使って決済することができます。
カードに暗証番号がかかっているので、仮にスキミングされても不正利用されにくいですし、そもそもこのカードはクレジットカードではなくプリペイドカードなので、無制限にお金を使われることがありません。
つまり海外トラベルプリペイドカードは、不正利用されにくい上に、仮にされてもダメージが少ないカードなので、危ない海外でも使いやすいのです。

 

1日に使える金額に制限があるので、大量に買い物をするには不向きだというデメリットもありますが、
爆買いしないなら、そこまで限度額を気にする必要はありません。
なので、海外旅行に行くなら、盗難や不正利用が怖いクレジットカードではなく、安全な海外トラベルプリペイドカードを持っていくべきでしょう。