ライフカードの得する利用方法

ライフカードはライフカード株式会社が発行するクレジットカードで、ライフカード株式会社は消費者金融で大手のアイフルの完全子会社になっています。国際ブランドしてビザ、マスター、JCBを選択することができ、更に電子マネーのEDYを搭載しているのも特徴に上げられます。

ライフカードの基本としては年会費永年無料となっており、ポイント還元率は0.5%となっています。他のクレジットカードでも年会費無料であっても1%程度のポイント還元率は期待できますから、複数のクレジットカードを利用しているという人にとってはメインカードとして利用するよりもサブカードとしてライフカードの特徴を活かした利用方法がおすすめできます。

ライフカードの特徴として利用したいのはライフカードの所有者の誕生日付きにはポイント3倍という特典があるというものです。つまり、誕生日月以外ではポイント還元率は0.5%であるものが誕生日月には一躍1.5%までポイント還元率がアップするということになります。

 

2017年6月まではポイント5倍であったものが、いわゆるポイント改悪になってしまって、3倍となっていますが、それでも他の高還元クレジットカードと比べても引けを取りません。つまり自分の誕生日月に高額の欲しいものをライフカードで購入すれば、たくさんのポイントをゲットできるのです。

かなりたくさんのライフカードユーザーは誕生日月だけのために年会費無料のライフカードを持っていることが少なくありません。

エポスカードのメリット・デメリットとそれらを合わせて上手く利用する方法

メリット

年会費と入会費用が無料に設定されていることです。レンタルビデオ店でDVDを借りて放置したように、延滞料金がかかるという心配は無用です。

エポスカードで買い物をすると、ポイントを貯めていくことができます。貯まったら他のカードへ乗り換えたり、全国で利用可能なギフト券などに交換することも可能です。

使い慣れている人なら普段は現金を持たず、カードのみで生活というやり方もOKです。ネット通販や店舗での買い物、または携帯電話の利用料金の支払いにも使えるため、カード1枚での生活は色々と便利です。

エポスカードに貯まったポイントをプリベイトカードにチャージするシステムも備わっています。この時に使った金額の0.5%は還元してもらえます。
社会人だけではなく、大学生も契約を結べるのが特徴です。友人とカラオケに行ったり外食の際に使うなど、色々な場面でカードは役立ちます。

 

デメリット

リボ払いを利用すると、毎月一定額支払うことになるので便利に見えますが、一括払いの場合より少し多く払うことになります。ただ、リボ払いを選ぶともらえるポイントが2倍になるので、損ばかりとは言えません。

財布からエポスカードを出す際に、落としてしまうこともあるでしょう。この場合は、すぐに契約を結んだ会社へ連絡を入れれば、第三者が使えないようにしてくれるので大丈夫です。

結婚や何らかの事情で、名字や名前が変更になったら変更手続きが必要です。サイトから資料請求をすればすぐに資料が届くので、書き込んで郵送をすれば、新しいカードが約2週間ほどで手元に送られてきます。

マネパカードでビットコインは両替できるのかについて

結論から言いますとマネパカードからビットコインへ両替はできます。ビットコインの取引所である「Zaif」はマネパカードと連携して、ビットコインによるチャージ機能の提供を始めました。

 

チャージ金額は自動的に日本円に変換され、MasterCardを利用できる店舗で使用できたり、マネパカードを発行している株式会社マネーパートナーズで外資に変換して世界中の店舗で買い物に使えたり、ATMから外資として引き出すこともできます。

この連携により、ビットコインをマネパカードを持つことによって世界中で使えるようになりました。

 

ビットコインをマネパカードへ両替する手順としては、あらかじめZaifにおいてマネパカードと連携しておけばZaifから希望金額を入力するだけで、ビットコインの残高を日本円に変換してくれてマネパカードへチャージしてくれます。チャージできる通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円と6種類あります。

 

マネパカードは世界各国や日本にあるMasterCard加盟店で利用でき、日本最安値の手数料で利用することができます。あと、日本以外ではMasterCardマークがある250万台以上のATMで現地通貨として現金を引き出すことが可能です。

 

今後は、ビットコイン以外の仮想通貨やトークンでもマネパカードへチャージが可能になってくるので、更に利便性が良くなるので将来が楽しみなカードのひとつです。

日常生活を便利にするカードあります

Yahooカードの魅力はYahooだけにメリットがとどまらない点、そそていろいろなメリットがある点です。

まず、わかりあすいところとしてはTポイントがたまることです。Yahooのサービスを利用するころでyahooポイントがたまっていくことはもちろん同時にTポイントもたまっていきます。逆に日常生活の中でためてきたTポイントをYahooのサービスで利用するということも可能です。

 

もちろん、通常の利用方法よりもポイントをためやすくなります。まあ、このたまったTポイントは通常のお店でも現金代わりにも使えます。そのネットワークが広がっているところはうれしいところではないでしょうか。

 

さらにYahooカードの支払い口座としてインターネットバンクのジャパンネット銀行を指定してください。なんとたまったTポイントを現金に変換することまで可能です。

 

日常のカード利用に際しても利用明細をインターネットで確認することができたり、家族カードの発行で口座を一つにして便利に利用することが可能であったりします。また、ETCカードとしての対応、最近ではさらにApplePayにも対応していますのであらゆる場面でのショッピング、サービス利用に対応可能で便利になっています。

 

まずは自分自身の利用シーンを想定した上で付帯するクレジットカード会社を決め、さらに付加するサービスを決めていくという形でYahooカードの契約を行えばきっと生活も豊かに便利になります。

リクルートカードのメリット、デメリット

リクルートカードとは2013年5月から新しく登場したはリクルートが発行するクレジットカードです。
まだ誕生して数年ですが人気が高まっています。

 

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードでありながら、業界でもトップクラスのポイント還元率1.2パーセントを誇ります。
どこのお店でもリクルートカードを利用して10,000円分の買い物をすると120円分のポイントがつくのです。
公共料金や携帯電話などの毎月の支払いに利用するととてもお得です。
リクルートが運営するサービスでカードを利用すると還元率は最大4.2パーセントにもなります。

 

貯まったポイントはリクルートが運営するじゃらんやホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、ポンパレなど日常のさまざまシーンで使用することが出来ます。
またリクルートポイントをPontaポイントに交換することも出来て、ローソンやケンタッキーなど街のお店でもポイント利用ができます。
リクルートカードの最大のメリットといえばポイントの貯まりやすさと言えます。

 

逆にデメリットとしてはポイント利用先が限られてしまうので、普段からリクルートのサービスを利用しない場合、貯まったポイントをうまく使うことが出来ません。
Pontaポイントに交換可能ですが、Tポイントに比べると利用先が少ないので利便性では劣ります。

 

Pontaポイントに交換する際にはPonta Webでの会員登録も必要になり手間がかかります。
リクルートカードはPonta加盟店と連携をしていますが、Pontaポイントカードとしては利用出来ません。
他社のクレジットカードはポイントカードとしての利用も可能です。
利便性がイマイチであることがリクルートカードのデメリットです。

航空会社が発行しているカードを使おう

クレジットカードは、提携している会社に依頼して作ることが出来るため、会社によっては提携しているカードを発行しています。特に航空会社については、対応している会社に相談してカードを発行しており、マイルを貯めることの出来るカードを作り上げています。本来はマイルを貯めるためにはサービスを利用することが必要となりますが、このクレジットカードを使うことによってどのようなサービスでもマイルを貯めることが出来るのです。

 

マイルを手に入れるためには、カードを発行して利用できるようにします。発行されたカードを何処で利用してもかみませんが、マイルが倍になるようなサービスもあります。また航空会社によって、オンラインサイトを作っていることがあり、経由して買い物をすることでマイルを更に増やすことができます。航空会社が持っているサービス、提携している会社などと一緒にサービスを使っていくことが大事になっていて、クレジットカードを利用する前には確認しておきたいところです。

 

やや審査が厳しいとされていて、発行することが難しいところもありますが、発行されればマイルを自由に貯めることができるカードを手に入れることになります。結構マイルを多く増やすことができて、いつの間にか相当な数字になっていて別のものに交換できるようになります。クレジットカードなら使えるサービスも多くなっていますから、対応しているサービスを使っていればすぐにでもマイルは増えてきます。

メリットとデメリットを比べると,メリットは大きい

インターネットショッピングが大好きで,良く利用しております。
その際の決済手段として便利なのがクレジットカード。
ネットショッピングサイトには数多くのサイトがありますが,中でも楽天市場を利用する人にオススメなのが楽天カードです。

 

クレジットカードを選ぶ際に重要なのは年会費ですが,楽天カードは年会費無料です。
楽天カード最大のメリットは,ポイント還元率が高い点です。
通常,100円利用ごとに1ポイント付きます。さらに,楽天市場で利用するとポイント2倍,ポイント加盟店で利用するとポイント最大3倍など,楽天グループでのサービスを利用すると還元率がより高くなりとてもお得です。

 

また,様々なキャンペーンが行われており,キャンペーン利用でポイントは2倍~10倍になることも。
さらに,楽天カードは入会時のポイント還元額も大きいです。入会特典として2000ポイント,キャンペーン時にはプラス3000ポイント~6000ポイント増加。合計8000ポイントも貰えることもあります。

 

貯まったポイントは,楽天市場や楽天ブックスなどの楽天グループで利用できます。また,電子マネーのEDYやモバイルSuicaなどに交換したり,ANAマイルに移行することも可能です。
国際ブランドは,VISA,Master,JCBが選択可能。

 

海外旅行保険は,旅費をカードで決済することが条件の利用付帯ですが無料で付きます。
このようにメリットが多い楽天カードですが,デメリットはとにかくグループのメルマガが多く,メールの数が半端ないです。

 

楽天のサービスで買い物したり,キャンペーンを利用したりするたびに様々なメルマガが送られて来るので大変です。
さらに,注意が必要なのはキャンペーンで付与されたポイントは期限付きのポイントという点です。期限内に利用しなければ失効してしまいます。
このようなデメリットがある楽天カードですが,これらのデメリットよりポイントが貯まりやすいというメリットは大きいです。

私が感じた楽天カードのメリットとデメリット

楽天カードのメリットといえば、やはり「ポイント」です。これに尽きると思います。楽天サイトでショッピングすれば、かなりのポイントが貯まります。最近はスーパーポイントアッププログラムというのが出来きたので、さらにお得にポイントが貯まるようになりました。

 

楽天カードを使用するだけでポイントが3倍になり、さらにアプリやモバイルなどで最大7倍のポイントが付きます。しかも、これは期間限定ではなく、いつでも倍になるのでとてもお得です。私も楽天サイトでショッピングする時は楽天カードを使い、さらにアプリやモバイルで倍のポイントを狙っています。また、楽天カードを始めて作る方なら、必ず調べてほしいのは「いつ作るか」です。

 

楽天カードは期間限定で3000~9000ポイントが付く時があります。急ぎでなければ、9000ポイント付く時を狙うといいでしょう。私は知らずに3000ポイントくらいの時に入会してしまったので、後で知って、かなりがっかりしました。私は特に楽天カードのデメリットというのはないのですが、一つあるのは「使いすぎてしまうこと」です。

 

ポイントにつられて、ついつい余分な物を購入してしまうことがあるので、その辺は気をつけようと思っています。後は、「楽天サイトのショッピングを使わない人なら、あまり楽天カードを使うメリットがない」ということでしょうか。楽天カードは楽天サイトに特化して、ポイントを付けているので、月に一度千円未満くらいのお買い物しか楽天サイトで購入しない場合はさほどメリットはないと思います。

お薦めは何といっても、漢方スタイルクラブカードで決まりです

最近はクレジットカード会社のサービス競争が激しくて、利用者にとっては本当に良い時代となりました。

中でも毎月の光熱費などの公共料金の支払いにクレジットカードを利用すると一定ポイントが還元されるサービスを行っているクレジットカード会社が増えたのは、本当に良いサービスです。

電気代、水道代、ガス代などの光熱費の平均支出額は月2万円と推定されており、年間にすると24万円にも達します。

クレジットカードの還元ポイントの平均は、0.5%ですので、仮に年間24万円の公共料金支出とすれば、1,200ポイント程度であり、たいした額が戻るものではないと思われるかもしれません。

しかし、クレジットカードの中には、1%から2%まで還元してくれるクレジットカードもあります。

 

そういった高還元クレジットカードで、お薦めはなんといっても「漢方スタイルクラブカード」です。

 

初めて聞く人も多いかと思いますが、漢方スタイルクラブカードは、数ある高還元ポイントカードの中では、知らない人はいないほど有名なカードです。

JACCSと提携しているので、安心です。

漢方スタイルクラブカードは、なんと1.75%もの高還元率を誇ります。

 

また、クレジットカードのポイントは、大概自社グループ内、若しくはカード会社の準備したリスト内でしか使えないことが多く、ポイントが付いても宝の持ち腐れになることがあります。

しかし、漢方スタイルクラブカードのポイントは、Jデポと呼ばれる金券扱いとなり、カードの決済に使えるのです。

このサービスは、まさに破格です。

 

24万円を漢方スタイルクラブカードで決済するとすると、4,200円分のポイントが付与されます。
また、公共料金は、光熱費だけではありません。

NHK受信料や国民年金保険料なども公共料金です。

また、毎月支払う携帯電話代、プロバイダー代、新聞代、BS/CS代などたくさんあります。

 

実はこれらの支払いも、クレジットカードで決済することにより、ポイントが還元されます。

全部カード決済にすれば、優に2万円から3万円分のポイントが還元されるのです。

5年、10年とカード決済を続けることによって、100万円貯めることも可能です。

 

漢方スタイルクラブカードは、驚くほど得するクレジットカードです。

光熱費支払いに良いのは楽天カードか

光熱費の支払いで得をしようと思ったとき、一番単純にポイントが多くもらえるということを考えると「楽天カード」を選ぶのが良いのではないでしょうか。

 

楽天カードは年会費が無料です。

それは、他にもいろいろそういうカードは多いですから、ここまでは特殊なメリットではありません。

 

ではなぜお勧めするか?と言いますと、楽天カードはポイント還元率が高いです。

他のカードが支払い額の0.5~0.1%程度をポイントとして貯めることができるのに比べて、楽天カードは1%というトップレベルの還元率です。

 

つまり例えば、光熱費の支払いなら獲得ポイントが2倍、というキャンペーンが行われていたとしても楽天カードに並ぶ程度だといえます。

 

また、今なら、新規入会するだけで5000ポイントももらえます。

その上期限内に一回利用することでさらに3000ポイントももらえます。

 

ポイントは1ポイントで1円として、楽天市場などで使えますので実質8000円もらえるわけです。

ポイントの有効期限は、最後のポイント獲得から一年間ですので、光熱費の支払いに使えば実質的に無制限だと言えるでしょう。

 

楽天市場はかなりの数の商品を扱っていますからポイントが貯まりやすいという利点もあります。

 

もちろんデメリットもあります。

初期設定が、利用明細が自動的に送られてくる設定になっているので、そこを修正しないと月に80円程度かかってしまうので、注意しないと年会費が無料でなくなってしまうとか、ETCの利用をする場合、月に525円かかってしまう、など、注意しないと不要な出費をしていまいます。

ですが、支払いを滞らせることなく、光熱費の支払いができ、それ以外の利用にはあまり使わない、というつもりの人には良い選択肢の一つになるでしょう。

 

公共料金は楽天カードで支払いをすると、とてもお得です。

 

公共料金といえば、電気、水道、ガス、どれを取っても毎月、必ず必要になるものです。

1年を通して累計すると、かなりの金額になります。

必ず必要なのですから、上手く利用する事が出来るならば、そうしたいものです。

 

どうせかかるのだからとあきらめないで、少しでも効率のいい方法を探しましょう。

そんな方法の一つが、公共料金をクレジットカードで支払う、というシステムです。

 

私のイチオシが「楽天カード」です。

本来クレジットカードを使用する際は、1つ、ないし、2つに絞って利用するのが得策なのです。

 

多くのクレジットカードを利用すると、ポイントインが分散されて、本来受けられるはずのメリットが受けられなくなるからです。

一つのクレジットカードを使用することで、そのクレジットカードを有意義に利用しているという仕組みになっているからです。

 

多くの金額を1つのクレジットカードだけで利用することで、利用金額が上がれば上がるだけ、特典が増えてくるようになっているからです。

 

楽天カードを利用するメリットとしましては、加入時に5000ポイントが得られ、(キャンペーン期間中であれば、8000ポイントも可能です。)

1ポイントは1円に相当しますので、5000ポイントは、5000円ということになります。

 

楽天カードの場合は、公共料金の支払いに関しては、利用代金の1%がポイントとして付きます。

たかが1%と言っても、年間にすれば、かなりの金額になるはずです。

 

また、取得したポイントインに関しても、楽天市場で買い物をするのに利用できますから、非常に便利だと言えるでしょう。

光熱費の支払いならぜひイオンカードで!

光熱費をクレジットカードで支払うならぜひ「イオンカード」がオススメですね。

 

特に主婦の人は買い物を日常的にしますので、イオンで買い物をする機会が多い人にはこのカードを1枚持っておく事をお勧めします。

イオンカードで買い物をするとまずポイントが必ず付くんですよ。そのポイントをためると魅力的な賞品と交換してもらう事が出来ます。

中には旅行券なんかもあるので、ある程度貯まったら旅行券に交換してもらうのもいいですよね?

 

また、毎月ポイントが5倍になる日があったりして、その日に買い物に行くとかなりポイントが稼げちゃうんですよ。

さらに、買い物した金額から5パーセント引いてくれる日もあったりしてかなりオトクに買い物する事が出来ます。

 

日常的な買い物だけで使っても貯まりますが、光熱費の支払いもこのカードで支払えばポイントをさらに貯める事が出来ますよね。

 

私も最初は光熱費は口座引き落としにしていたんですが、どうせ支払うならカードのポイントがついた方がいいと思い、イオンカードで支払うようにしました。

毎月必ず光熱費は3万円程引き落とされるわけなので、どんどんポイントが貯まっていくのが嬉しいですね。

気づいたらポイントがすごい点数になっていて、旅行券をたくさん交換してもらう事が出来ました。

 

他にも色々なクレジットカードがあるでしょうが、私は主婦ですしイオンが近いのでイオンカードをオススメしたいですね!