海外トラベルプリペイドカードの強みについて

海外トラベルプリペイドカードとは、文字通り海外で使えるプリペイドカードのことです。
そんなものを使わなくても、普通にクレジットカードを使えばいいと思われるかもしれませんが、
それは違います。

 

基本的に海外は治安が悪いので、スキミングやカードの盗難といったトラブルに巻き込まれる可能性が(日本よりも)高いです。
なので、海外のレストランでカードを使って会計を済ませたら、その情報が不正に抜かれて翌日には何十万円もの商品を買われていた、こういうことがよく起こります。
だから海外ではカードを使うなと言われるのですが、すべてを現金で会計するのも(両替などの手間がかかるので)不便です。

 

こういう時、海外トラベルプリペイドカードを使えば、不便なくカードを使って決済することができます。
カードに暗証番号がかかっているので、仮にスキミングされても不正利用されにくいですし、そもそもこのカードはクレジットカードではなくプリペイドカードなので、無制限にお金を使われることがありません。
つまり海外トラベルプリペイドカードは、不正利用されにくい上に、仮にされてもダメージが少ないカードなので、危ない海外でも使いやすいのです。

 

1日に使える金額に制限があるので、大量に買い物をするには不向きだというデメリットもありますが、
爆買いしないなら、そこまで限度額を気にする必要はありません。
なので、海外旅行に行くなら、盗難や不正利用が怖いクレジットカードではなく、安全な海外トラベルプリペイドカードを持っていくべきでしょう。

コンビニでポイントを貯めやすいクレジットカードとは?

日本中にあるコンビニ。頻繁にコンビニで買い物をしている人も多いのではないでしょうか。
どうせコンビニで沢山買い物をするなら、ポイントを貯めて少しでもお得に買い物をしたいですよね。

 

そんな人におすすめのクレジットカードが、「セブンカード・プラス」です。
このセブンカード・プラスの最大のメリットは、セブンイレブンでこのカードを使って支払すると、ポイントが3倍貯まるという事です。
セブンイレブンはコンビニ業界最大手で日本中のどこでもあり、普段よく利用するという人は多いと思います。

 

そのよく使うセブンイレブンで、セブンカード・プラスで支払いをするだけでポイントが3倍も貯まるので、セブンイレブンをよく利用する人はセブンカード・プラスがおすすめです。
また、ポイント3倍はセブンイレブンだけではなくイトーヨーカドーでも出来ますので、イトーヨーカドーをよく利用する人もセブンカード・プラスがおすすめです。

 

ローソンをよく利用する人におすすめなのが「JMBローソンPontaカードVisa」です。
全国のローソンでこのカードを使って支払いすると、100円ごとに2ポイントが貯まります。
また、ローソンでJMBローソンPontaカードVisaで支払いするとポイントだけではなくJALのマイルも貯まるので、旅行好きな人にもおすすめです。

 

ファミリーマートをよく利用する人は、クレジット機能付きのファミマTカードがおすすめです。
ファミリーマートでファミマTカードで支払いをすると、200円につき1ポイントが貯まります。
それだけではなく、毎週火曜と土曜はポイントが3倍になるので、ファミマをよく利用する人はファミマTカードはいかがでしょうか。

 

セブンイレブンならセブンカード・プラス、ローソンならJMBローソンPontaカードVisa、ファミリーマートならファミマTカードなど、基本的に自分がよく行くコンビニに合わせて、クレジットカードを選ぶのがおすすめですね。

メリットだらけのイオンカードその概要

イオンカードは、ポイント還元率が高いことや毎月決まった日付のお客様感謝デーで利用すると割引のサービスが受けられます。

また年会費も一切かからないので、持っていて損はないと思います。イオンは、総合スーパーとして都心部だけでなく郊外にも多数出店しているので利用する機会が多いと思います。衣類品や生活雑貨、食料品など幅広い商品が置いてあるので利用すると良いです。

 

しかしながら、価格が他のスーパーよりも多少高めに設定されているため、イオンカードを使用しないで買い物をするともったいないと思います。このイオンカードをレジで提示するだけで、商品から5パーセントの割引サービスを受けられるので利用すべきです。また、ポイントも貯められるので二重にお得だと思います。

 

貯まったポイントについては、食品や生活雑貨など幅広い商品と交換ができるので利用すると良いです。さらにイオンカードでは、手続きをするとイオン銀行を利用することができるメリットがあります。

 

私がイオンカードを使っている主な理由は、このイオン銀行を利用するためであり、休日や夜間でも手数料が無料で何度も利用ができるのでお勧めします。操作性も簡単でありATM設置数も多いので、日常生活において非常に便利だと思います。

 

イオンカードは、使い勝手が良く日常生活には欠かせないものですが、ポイント還元率が低いのが欠点だと感じます。けれども、イオンを利用する人にとっては損はないので持っておいた方が良いです。

お勧めの高還元率カードと使い方

還元率の高さから、私が今積極的に使っているカードはYahoo!JAPANカードです。年会費が無料ながら、還元率1.0%で安定してTポイントが貯まると聞いて使い始めたのですが、思った以上にポイントが良く貯まって、日々クレジットカード支払いのメリットを感じています。

 

個人的に最もうれしいのは、Tポイントカードの提携店ではポイントの2段取りが可能であるという点で、Yahoo!JAPANカードを発行してからは、以前にも増してTポイントのお店を有効に使うようになりました。元々日常利用するお店が多かったので、みるみるポイントが貯まっていくのが爽快です。

 

実店舗ほど頻繁には利用しないのですが、Yahoo!JAPANカードらしくYahoo!ショッピングで買い物をすると、ショップポイントも合わせて3倍ポイントが付くというので、たまに活用しています。

 

ちょっと利用する程度でもお得だなとわかるので、日ごろからYahoo!ショッピングやLOHACOで買い物をする人は、更にカードのメリットを感じることができるのではないかと思います。他にも5の付く日はポイント5倍になるキャンペーンを使ったり、日用品以外にもブックスやトラベルのサービスに活用したりと、工夫次第で更に大きくポイントを貯められそうな所が色々とあるのも魅力です。

 

ただやっぱりカードを使わないことにはポイントの還元も受けることができないので、日常的にTポイントサービスや、Yahoo!サービスを使用する人向けの商品であることは間違いありません。他に愛用しているポイントサービスがあるのなら、乗り換えは慎重に行うことをお勧めします。

ガソリンカードを選ぶ際のポイントとおすすめカード

ガソリンカードと言ってもいくつかありますが、お得な特典のあるものに目をつけてパッと選ぶのではなく、まずはガソリンカードを選ぶ際のポイントを考慮しましょう。

 

最初に考えなければならないことは、よく行くガソリンスタンドがどのガソリンスタンドなのかということです。
様々な種類のガソリンスタンドがありますが、大体の方が特定のガソリンスタンドに通っているはずです。
しかし、それだけではいけません。

 

本当にそのガソリンスタンドが一番安いガソリンスタンドでしょうか。
そして、自宅やよく行く場所から近い場所に存在するかということも考えましょう。
あえてリッター1円安い場所に行くのに遠いガソリンスタンドを選んでしまうと、そ子に行くまでのガソリン代の方がかかってしまうので、結局はガソリンカードを作っても赤字になってお得なことは一切なくなります。
ですので、値段はリッター1,2円高いかもしれないけど、自分がいつも通る範囲にあるガソリンスタンドのガソリンカードを作るということが1番大切です。

 

では、どこのガソリンカードがお得なのかというと、出光カードはガソリン代リッター2円割引、灯油も1円引きですし、入会時にはさらに割引がされるのもおすすめポイントです。
また、エネオスは日本で1番店舗数多いガソリンスタンドでもあり、品質の高いガソリンを使用している上に、リッター2円引きとなっていて、ロードサービスもついているので、かなりお得なガソリンカードだと言えます。

ゴールドカードは使い続けることでメリットを

一般的なクレジットカードと違い、ゴールドカードは年会費が絶対に発生しているタイプです。年会費分の元を取らないことには、発行しても意味が無いものとなりますので、出来る限り発行するからには利用した方がいいです。そして使い続けることによって、ポイントなどで年会費を払っている分は回収できるような、そうした状況を作ってしまうことが大事です。あまり利用しない場合は、ゴールドカードを使うメリットがあまり無いので、年会費分だけ無駄になってしまいます。

 

また飛行機などを利用して、もっと有意義な旅をしたいと思っている人にも向いているカードです。ゴールドカードには飛行機関連の優遇サービスが追加されていることもあり、これを利用することで少しだけメリットが出てきます。特に航空会社が提供しているゴールドカードの場合、優先してチケットの発行をしてくれることもありますから、カードを持っていることが旅行のしやすさにつながっていることもあります。

 

注意すべき点としては、ゴールドカードは保険がどのように使われているかわかりづらいことがあります。説明を見て、保険がどういったタイミングで適応されるのかを知っておくことです。カードによって保険の動向は変わってくることになりますので、もしかしたら思ったほどの使い勝手じゃないものもあります。カードの説明をしっかり見ることは当然のことですし、ゴールドカードごとの比較をしていいものを選んだほうがいいです。

行楽シーズン必見!ETCカード、もう持ってますか?

お車でお出かけされるみなさん、ETCカードはもうお持ちですか?ETCを使うだけで高速道路料金が割引されるなんて、本当にお得ですよね。持っていらっしゃらない方は是非作ってください。

 

今回はETCカードの作り方・ポイント・注意点について書いていきたいと思います。
まずは作り方ですが、ETCカードはクレジットカードの決済システムを利用しています。クレジットカードをお持ちの方は、簡単に発行が可能ですのでお持ちのクレジットカード会社に申込みましょう。クレジットカードをまだお持ちでない方は、新しくクレジットカードを申し込む必要があります。

 

その際ほとんどのカード会社では入会と同時にETCカードを作ってくれるところがほとんどですので迷うことは無いでしょう。簡単ですね。
ETCカードを利用した高速道路料金にもポイントはつきますので、普段使っているクレジットカード会社を選ぶか、ポイントの還元率の高いクレジットカード会社を選ぶと更にお得になります。

 

注意点として、ETCカードには単体型と一体型というものがあります。単体型はクレジットカード本体とETCカードが別々になっているもので、一体型はクレジットカードとETCカードが一体になっているものです。一体型だとカードが一枚で済むので便利なのですが、車上荒らしなどで盗難に合う恐れがあります。

 

なので新しく発行される時は単体型のカードを発行することをおすすめします。
また実際に利用される際は有効期限やカードの向きにご注意ください。有効期限が切れてしまっていると、ETCゲートが開かないというトラブルに見舞われます。

 

ご利用される時は、有効期限が切れていないか、きちんと正しい向きでETC本体にカードが挿入されているか確かめてから高速道路を利用しましょう。

買い物メインであればデビットカードで十分です

デビットカードとクレジットカードの違いについて知りたいという人はたくさんいます。どちらも口座に入っているお金を支払いに当てるために必要なアイテムです。しかしデビットカードを用いてお金を金融機関から借りることはできません。その一方でクレジットカードにはキャッシング枠というものが設けられています。この枠にはお金を借りることができる最大借入額が表示されており、この枠内の額であればお金を借りることができるのです。

 

しかしデビットカードにはキャッシング機能は設けられていません。そのため自分の口座に入っているお金が底をつけば、使用できなくなります。もちろん再び口座にお金を振り込めばデビットカードの使用を再開することができます。最近ではインターネットショッピングを利用して買い物をする人が増えました。そしてそのような買い物での支払いはカードで行うのが一般的です。このように買い物に支払いためにカードを作りたいという人は、デビットカードで十分です。

 

またクレジットカードはお金を借りる機能を有しているために、審査は非常に厳しいものとなっています。定期的な収入があるかどうかがチェックされ、それに応じたキャッシング枠が設けられます。しかしデビットカードに関してはお金を借りる機能が設けられていないために、審査は非常に楽です。またクレジットカード同様、使用することでポイントが付与されるものもあるために、この点でもお得感を味わえます。

クレジットカード作成は普段どこで買い物をしているかが選択のポイント

インターネットでクレジットカードのサイトを検索していると、キャッシュバックやポイント倍増など魅力的なフレーズが数多く並んでいます。

 

しかし、実際にクレジットカードを使用して商品やサービスを購入しなければ継続して特典の恩恵を受けることができませんので、クレジットカードを作成する際には普段どこで一番多く買い物をするかがポイントとなります。

 

たとえばインターネットショッピングをすることが多いのであればECサイトが発行するカードを選択すれば良いですし、近所のスーパーマーケットやショッピングセンターそしてコンビニエンスストアで購入することが多いのなら、そこで発行されるクレジットカードを使用することによって通常の買い物よりも多くのポイントが付与してもらえます。

 

さらに、クレジットカードを作成する際はポイントサイトを経由しておかなければ損をしてしまいます。

無料のクレジットカードを作成するだけで数千円分のポイントを付与してもらえることがあるからです。

 

サイトによってはタイムセールでポイントが2倍になることもありますので、慎重に申し込みのタイミングを図らなければなりません。

個人を証明する書類のコピーを送付したりカメラで写真を撮影して画像を送信すると、数日から数週間で審査が終わり郵送等でクレジットカードが送られてきます。

 

おすすめのカードはセゾンカードです。

このカードで付与されるポイントは1ポイント1円ではなく、数倍の価値があり金券や商品に交換できるためお得だからです。

光熱費支払い用カードは銀行系がおススメ

光熱費支払い用クレジットカードは銀行がおススメです。

特に現在は金利の優遇措置でパーセンテージが低くなっているので、銀行としては融資から利益をたくさん得ることが難しく顧客獲得にやっきになっています。

それで公共料金の引き落としなどに便利な銀行クレジットカードはだんだんと利用者が増えてきています。

 

<光熱費支払い用クレジットカードとは>

 

水道ガス電気などの公共料金の引き落としに使うカードですが、クレジットカード機能もあるので、支払いが遅れそうなときはクレジットで解決できる便利なカードです。

給料の振込口座を銀行にしていたら信用度が高いので比較的カードは作りやすいです。

 

<どのように利用すればいいのか>

 

基本的には給料の振込みを約半年間利用すれば銀行からの信用が得られます。

利用者がどのくらいの収入があるのかわかりやすいからです。

それから光熱費の引き落としを申し込むのです。

銀行側としては優良顧客なので審査はすぐにおりるでしょう。

 

<ポイントがつくカードがいいのでは>

 

場合によってはその考え方もありますが、ポイントを重ねて何が欲しいのか自分で確認する必要があります。

欲しいものがポイントで変えられるのならいいですが、たいていの人は銀行との取引きが人生の中で必ずあります。

ですからそこを見越して信用を高めるのです。

 

利用する側からすれば非常に簡単です。光熱費は毎月引き落とされるだけで銀行の信用を重ねることができます。