光熱費支払い用カードは銀行系がおススメ

光熱費支払い用クレジットカードは銀行がおススメです。

特に現在は金利の優遇措置でパーセンテージが低くなっているので、銀行としては融資から利益をたくさん得ることが難しく顧客獲得にやっきになっています。

それで公共料金の引き落としなどに便利な銀行クレジットカードはだんだんと利用者が増えてきています。

 

<光熱費支払い用クレジットカードとは>

 

水道ガス電気などの公共料金の引き落としに使うカードですが、クレジットカード機能もあるので、支払いが遅れそうなときはクレジットで解決できる便利なカードです。

給料の振込口座を銀行にしていたら信用度が高いので比較的カードは作りやすいです。

 

<どのように利用すればいいのか>

 

基本的には給料の振込みを約半年間利用すれば銀行からの信用が得られます。

利用者がどのくらいの収入があるのかわかりやすいからです。

それから光熱費の引き落としを申し込むのです。

銀行側としては優良顧客なので審査はすぐにおりるでしょう。

 

<ポイントがつくカードがいいのでは>

 

場合によってはその考え方もありますが、ポイントを重ねて何が欲しいのか自分で確認する必要があります。

欲しいものがポイントで変えられるのならいいですが、たいていの人は銀行との取引きが人生の中で必ずあります。

ですからそこを見越して信用を高めるのです。

 

利用する側からすれば非常に簡単です。光熱費は毎月引き落とされるだけで銀行の信用を重ねることができます。

光熱費の支払いはクレジットカード決済が有利な理由

通常で生活している上は光熱費の支払いは毎月あります。

ガス代、電気代、水道代と光熱費には3つの支払いが毎月必要な場合がほとんどでありますから年間36回の支払いが必要です。

 

調べてみればわかりますが、光熱費の現金支払いにおいては割引がないことがほとんどです。

その他に光熱費の支払いにおいて多いと思われるの銀行での引き落としでの支払いにおいてはあまり金額は多くありませんが、割引を採用している会社や自治体が多いです。

ただし、割引が全くない引き落としの会社や自治体もあります。

 

銀行引き落としで気をつけないといけないのが、たいていの場合は引き落とし額の大小に限らず一定の金額の割引が多いこと。

小額の支払いであってもおおきな金額の支払いであっても割引額は同じことがほとんどです。

 

このように考えるとクレジットカードでの光熱費の支払いについては支払い額が多いほどお得になる額が多く、もちろんクレジットカードのポイント還元率が高い方がお得になる額は多いということになります。

 

しかし、クレジットカードによる光熱費の支払いで注意しなければならないことは支払いが小額である場合にはクレジットカードのポイント還元率よりも銀行引き落としの割引の方がお得になる場合があるということと、すべての会社や自治体でクレジットカード支払いができるわけではないということです。

特に水道料金はまだクレジットカードで支払いができる自治体は多くありません。

光熱費支払い用クレジットカードを選択する上で注目する2つのポイント

clpl012-s (1)光熱費を払うために使用するクレジットカードにおいて大事なことはズバリ「毎月固定された支払額をより大きく家庭に還元できる」ことにあります。

 

そこで、クレジットカードを選択する上で注目するポイントは大きく2つです。

 

ポイントが貯まりやすい

 

一つは「ポイントがどれだけたまりやすいか」です。

貯まったポイントは現金代わりに使用したり、商品券やマイルに換える事が可能なので家計に優しく、銀行引き落としには無い最大の利点だといえます。

なので、そのポイントがより貯まりやすいクレジットカードを選ぶ事は重要です。

mitui

例えば、「三井住友VISAクラシックカード」はカードの利用金額でボーナスポイントが出るので毎月必ず支払う事になる公共料金をカード引き落としにすればすぐにポイントが貯まっていきます。

 

三井住友カードは店で使うと恰好いいのでステータスを証明するカードとしても重宝します。

 

あと、ライフカードは誕生月が5倍、オンラインモールが最大で25倍などのポイントプログラムが充実しているのが魅力的です。

 

公共料金の管理が一枚で出来る

 

もう一つが「電気・ガス・電話など公共料金の管理が一枚でまとめられるか」です。

これは読者が特に思っている事だと思います。何枚もカードを使うのはめんどくさいです。

なので、一枚で決済できる事も重要な点です。

ra

例えば「楽天カード」は電気・ガス・電話料金だけではなく携帯・水道料金のほか、ETCの高速道路利用料・国民年金保険料、有料テレビ局・NHKの視聴料、プロパイダー料金などと幅広い料金の支払いに対応しています。

 

ポイントも非常に貯まりやすいので楽天ユーザーの方に最適です。

 

他のキャッシュカードでも個々のメリット(年会費無料など)があるので皆さんの希望に合わせたキャッシュカードを選びましょう。

光熱費の支払いに適した3つのカード

クレジットカードは、買い物のみならず公共料金などの固定費の支払いにも大変便利なアイテムです。
光熱費などの支払い用に一枚持っていても良いぐらいなのですが、問題となるのはどのカードが良いのかということ。
支払いに応じてしっかりとバックしてくれるカードであれば、毎日の支払いも待ち遠しくなるというものです。

 

1.楽天カード

 

光熱費の支払いなどで一番オススメ出来るカードは、やはり楽天カードです。
支払いに対して1%のポイントがつき、楽天市場での買い物は2%のポイントが付きます。

 

もちろん、光熱費の支払いに対しても通常の買い物と同じように1%のポイントが付きますので、支払いをしていくうちにポイントがガンガン貯まっていきます。
1年間楽天カードで支払えば、年間12%のバックがあると考えれば、これほどオススメ出来るカードはないでしょう。

 

2.三井住友VISAクラシックカード

 

次に、三井住友VISAクラシックカード。
初年度は年会費無料なのですが、使い方によっては2年目から年会費が発生してしまいますが、カードに重要なセキュリティ機能が他のカードよりも優れているという特徴があります。

 

このカードは、利用額に応じてボーナスポイントというのがあり、固定費である光熱費などを引き落としにしておけば、知らない間にポイントが大量に貯まっているということも。

 

3.ライフカード

 

最後に、ライフカード。
還元率が高いカードとして有名で、誕生日月の5倍ポイントは圧巻の一言です。

 

誕生日月用のサブカードとして持っていても良いですし、使い時を間違えなければ非常に優秀なカードです。

 

光熱費は固定費ですから、しっかりとしたバックを持つカードを選ぶと、お得な支払いに出来ることでしょう。