光熱費の支払い用におすすめのリクルートカード

光熱費の総額というのは、なかなか馬鹿に出来ない金額になります。

それと言うのも、家で普通に生活を営んでいると、電気・ガス・水道という基本3つ、場合によってはそれ以上の内容の支払いが毎月かかるわけですので、年ベースでみると、相当の金額を支出していることになります。

 

光熱費の支払いがカード払いではなく、口座振替という人も少なくないでしょう。

しかし、これをカード払いに切り替えると、毎月相当のポイントが貯まっていきますので、口座振替で支払うよりは、カード払いの方が圧倒的にお得と言えます。

 

しかし、クレジットカードの種類によっては、光熱費の支払いにポイントが加算されないカードもあります。

お得にポイント稼ぎをしようとしていて、実際はポイントが付かないカードだった、などという失敗のないように、カード選びは慎重にして下さい。

また、一口にカード決済と言っても、そもそもポイントの付く割合がカードによって色々違います。

 

ここで、私は光熱費支払い用のおすすめカードとして、「リクルートカード」を挙げたいと思います。

 

それと言うのも、リクルートカードの場合、無料カードでも基本1.2%のポイントが貯まりますので、通常0.5%~1.0%のポイント付与率の一般カードの中にあっては、かなり割の良いポイント還元率になっているからです。

 

また、カード払いの金額が多い方には、有料カードであるリクルートカードプラスがおすすめです。

この場合、年会費が税別で1,500円必要ですが、ポイント付与率はなんと2.0%になります。

 

カードに加入する際には、大量にボーナスポイントがもらえますし、是非おすすめしたいカードの一枚ですね。